えひめの高齢者向け住宅・施設情報

住まい情報シニア

HOME高齢者向け住宅・施設とは

高齢者向け住宅・施設とは

いわゆる老人ホーム・介護施設には、たくさんの種類があり、運営主体も様々。ここでは、代表的な高齢者のための住まいや施設の種類と特徴を紹介します。
※初期費用は契約方式により「入居一時金」「敷金」「保証金」など名目・金額が施設によって様々です。詳細は各施設へお問い合わせ下さい。

有料老人ホーム

主に民間事業者が運営する居住施設。食事や介護(入浴・排せつ・食事)の提供、家事(洗濯や掃除など)の供与、健康管理のサービスのうち、いずれかもしくは複数のサービスを受けられます。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホーム

県や市から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている施設。24時間体制で介護サービスを利用でき、レクリエーションや設備が充実。認知症はもちろん、医療ケアが必要な場合でも入居できる施設もある。

要介護度 自立・要支援・要介護
認知症の有無
入居期間 終身利用(原則)
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数千万円
月額費用
(目安)
10~30万円

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

要介護者や自立・要支援状態の高齢者を受け入れている施設。施設内にケアスタッフが常駐しておらず、入居者自身が必要に応じて外部の訪問介護等の介護サービスを利用できる。レクリエーションや設備が充実。

要介護度 自立・要支援・要介護
認知症の有無
入居期間 終身利用(原則)
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数千万円
月額費用
(目安)
10~30万円

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム

介護を必要としない、自立した高齢者が対象。食事等のサービスが利用でき、元気なシニアライフを楽しむための設備が充実している。あくまで健康な人のための住まいなので、介護度が上がると退去しなければならない。

要介護度 自立
認知症の有無 ×
入居期間 一定期間
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数千万円
月額費用
(目安)
10~40万円

グループホーム

社会福祉法人や地方自治体、NPOなどが運営する介護施設で、主に軽度の認知症高齢者が対象。介護スタッフのサポートを受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活し、それぞれの能力に応じて自立した生活を送りながら、症状の緩和を図ります。家庭的な雰囲気が特徴で、地域住民との交流も盛ん。

要介護度 要支援2~・要介護
認知症の有無
入居期間 終身利用(原則)
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数百万円
月額費用
(目安)
15~30万円

サービス付き高齢者向け住宅

主に民間事業者が運営するバリアフリー対応の居住施設。自宅に代わる新たなサービスとして、一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、借りやすいのが特徴。また利用権方式ではなく賃貸借方式が多いため、多額の入居金を必要とせず、入居者の権利を守る仕組みが取り入れられています。

要介護度 自立・要支援・要介護
認知症の有無
入居期間 賃貸借方式(原則)
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数百万円
月額費用
(目安)
10~30万円

もっと知ろう “サ高住”って、どんな住宅?

「サービス付き高齢者向け住宅」は都道府県単位で認可・登録され、一定の基準が設けられています。

●バリアフリー構造

●居室内にキッチン、水洗トイレを設置

●居室面積は25㎡以上(共用のリビングや食堂、キッチン、浴室などがある場合は18㎡以上)

●安否確認・生活相談サービスの提供がある

●居室内に緊急呼び出

軽費老人ホーム

社会福祉法人や地方自治体などが運営する福祉施設で、主に家庭環境・住宅事情で困っている高齢者が対象。
自治体の助成を受け、有料老人ホームよりも比較的低い利用料でサービスの提供を受けられます。

軽費老人ホームA型・B型

軽費老人ホーム

「A型」は食事サービスがあり、「B型」は食事サービスはないが、自炊をしながら自主的な生活ができる施設。食事や排せつの介助等の介護サービスは提供されておらず、見守りや外出時のサポートといった生活援助が受けられる。

要介護度 自立・要支援
認知症の有無
入居期間 一定期間
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数十万円
月額費用
(目安)
A型 6~17万円
B型 3~4万円

ケアハウス(C型)

ケアハウス(C型)

介護職員による見守り、食事・掃除・洗濯の世話といった生活サポートを提供する「一般(自立)型」、重度の要介護者も受け入れ、入浴や食事の介護、機能訓練や医療ケアなどを提供する「介護(特定施設)型」の2種がある。

要介護度 自立・要支援・要介護
認知症の有無
入居期間 一定期間
居住スペース 個室
初期費用
(目安)
~数百万円
月額費用
(目安)
一般型 6~17万円
介護型 6~20万円

介護保険施設

医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護施設。自宅での生活が困難であったり、在宅介護を受けることが難しかったりする要介護者が比較的少ない費用負担で入居できます。

特別養護老人ホーム(特養)

主に社会福祉法人などが運営。24時間体制で食事や排せつ介助などの介護サービスが受けられ、常時介護を必要とする人の“生活の場”として、日常生活からレクリエーションまで様々な支援を提供している。長期入所が可能。「介護老人福祉施設」と呼ばれることも。

要介護度 要介護
認知症の有無
入居期間 終身利用(原則)
居住スペース 個室・多床室
初期費用
(目安)
なし
月額費用
(目安)
5~13万円

介護老人保健施設(老健)

主に医療法人などが運営。医療ケアやリハビリを必要とする要介護者を受け入れ、身体介護はもちろん、医師や看護師によるケアや機能訓練も充実。レクリエーションなどは少なく、在宅復帰を目的とした専門スタッフによるリハビリが中心に行われる。

要介護度 要介護
認知症の有無
入居期間 長期利用
居住スペース 個室・多床室
初期費用
(目安)
なし
月額費用
(目安)
8~25万円

介護療養型医療施設(療養病床)

主に医療法人が運営する医療施設。医療費の負担が大きいものの、医学的管理による療養が必要な要介護者を受け入れ、症状の改善を目的にしたケアが行われる。医師や看護職員による医療ケアのほか、専門スタッフによるリハビリや介護なども提供。

要介護度 要介護
認知症の有無
入居期間 長期利用
居住スペース 個室・多床室
初期費用
(目安)
なし
月額費用
(目安)
9~25万円

※多床室が多い